きょうの動意株

半導体関連株が上昇、東エレクやSUMCOに内外投資家の買い

8035 東京エレクトロン 株価チャート
11/22
15:00
時点

22,845

前日比
+70(+0.31%)

年初来高値 23,875.0(17/11/09)
年初来安値 10,835.0(17/01/06)

 半導体製造装置の東京エレクトロン(8035)やSCREENホールディングス(7735)、半導体用シリコンウエハのSUMCO(3436)や信越化学(4063)など半導体関連株の上昇が目立つ。東エレクは午後1時21分時点で前日比315円(1.4%)高の2万2600円となっている。

 特に新規の買い材料が出たわけではないが、これまでに発表が終了した各社の今2017年1~9月期、あるいは同4~9月期の連結決算が好調で、通期の業績予想を上方修正したところも多い。代表格の東エレクは10月31日の引け後に18年3月期通期の当期純利益予想を従来の1630億円から1980億円(前期比72%増)に上方修正。直後に一段高した後は短期的な利益確定売りが出てスピード調整していたが、これらの売り注文も次第に一巡しつつあるもよう。市場では「来18年12月期や19年3月期についてもさらなる収益拡大が見込める」との声が聞かれ、中長期視点に立った内外機関投資家の買いが継続。上値での利益確定売りを吸収している。

 ほかにも半導体検査装置のアドバンテスト(6857)や半導体用結線装置(ワイヤボンダ)の新川(6274)、半導体研磨装置(CMP)などの販売好調で13日に業績予想を上方修正した荏原製作所(6361)なども買われている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 18.59倍 PBR 5.83倍 予想配当利回り 2.65%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東エレク (8035)

ページトップ