異端・森精機が挑む世界戦略の成否

大勝負に出た工作機械の名門

小河 眞与
10年秋の展示会。自社ロゴとギルデマイスターのロゴ「DMG」を組み合わせ、浸透をはかる

ヤマザキマザック、オークマと並んで工作機械「御三家」と呼ばれる森精機製作所。同社の経営は、しばしば“異端”と評される。

森雅彦・現社長体制が仕掛けてきた積極的な買収・拡大政策がその主な理由だ。ITバブル崩壊で複数の老舗メーカーが経営に行き詰まった2000年代初頭。豊富な手元資金を生かし、次々とM&Aを実施した。

業界では珍しいM&Aを連発

破綻した池貝の傘下にあった太陽工機を子会社化(01年)し、名門・日立精機の事業を譲受(02年)。04年には創業の地・奈良から、老舗の工作機械メーカーが群居する名古屋へと本社機能を移転し、スイスの工作機械メーカー・ディキシーマシーンズ(07年)、フランスの部品メーカー・トブラー(08年)を相次いで買収。10年には、ソニーの計測機器部門(現マグネスケール)も手に入れた。

元来、工作機械業界は、合併や買収の起きにくいことで知られる。オーナー企業が多いうえ、特殊技術に特化した「ニッチトップ」企業がそれぞれの分野で顧客を囲い込んでおり、再編への機運が高まりにくいからだ。

それでもM&Aの結果、森精機の業績は03年3月期からリーマンショック直前の08年3月期まで、右肩上がりで成長。“異端”経営は、着実に実を結び続けてきた。

その優良企業が今春、過去最大規模の巨額投資に打って出た。相手は欧州最大手の独企業、ギルデマイスターだ。

両社は09年に互いの株を数%ずつ持ち合う形で提携関係をスタート。製販連携や部材の共同調達を進め、協力関係を築いてきた。今春、ギルデマイスターが第三者割当増資と新株発行を実施。この大半を森精機が引き受け、ギルデマイスターへの出資比率を20・1%まで高めた。これによってギルデマイスターは森精機の持ち分法適用会社となった。

提携で得られるメリットは多い。まず販売面での連携だ。森社長は語る。「たとえばトヨタ自動車は三河で意志決定をし、タイや南アフリカやポーランドに機械を据え付ける。工作機械メーカーが世界中に同じ機械を売り、サービスするには、ある程度の規模が必要」。

その“ある程度の規模”を、売上高千数百億円、サービス拠点50カ所、従業員3000名と想定。アジアや北米に強い森精機と、欧州や南米、ロシアにネットワークを持つギルデマイスターの拠点を生かせば、世界規模の販売・サービス網が構築できると考える。7月には両社合弁による販売統括会社をスイスに設置すると発表した。今後は、各国で販売拠点の統合を進める方針だ。

生産面での効果も大きい。買収したディキシーマシーンズの工場を除けば、過去、森精機は海外に自社工場を持たなかった。一方のギルデマイスターはドイツのほか上海にも工場を設置。ギルデマイスターの工場を活用すれば、海外生産の選択肢は一気に拡大する。

すでに一部ではOEM(相手先ブランドによる生産)を開始した。12年には、森精機にとって初の海外生産拠点となる北米工場が稼働する。これで輸出一辺倒を脱し、日米欧亜の4極生産体制が手に入る見込みだ。「今後は研究開発も、両社で重なり合っていた部分を統合していく」(森社長)。

日本とヨーロッパの最大手級が手を組む。その方程式は誰の目から見ても完璧だ。しかし、実現に向けて払う代償も大きい。

これまで森精機は、「業界一バランスシートのよい会社」と評価されてきた。強固な財務基盤こそが、00年代の拡大戦略の拠り所でもあった。だがギルデマイスターの増資引き受けのため借入金を増やした結果、自己資本比率は70%台から54・6%に低下(囲み左下図)。同業他社からは「あちらの借金を肩代わりしただけでは」と冷ややかな声も漏れ聞こえてくる。

記事中の会社を詳しく見る

DMG森精 (6141)

ページトップ