下町企業エヌ・ピー・シー、全員一致経営で先手打つ

太陽電池製造装置で断トツのシェア

梅咲 恵司
松山工場。左奥の棟が昨年12月竣工、中奥は今年3月中に完成する。右奥でも新棟の基礎工事中だ

「今は空前の繁忙期」。太陽電池製造装置のベンチャー、エヌ・ピー・シーの隣良郎(ちかきよしろう)社長はこう語る。

主力の愛媛・松山工場は、フル稼働状態にある。仕掛かり製品が所狭しと並び、作業員の足場を確保することにさえ四苦八苦する。そのため、4万2000平方メートルの同工場敷地内に新棟を建設中。総額20億円を投資し、9カ月の間に3棟を一気に建てる算段だ。すでに1棟は昨12月に操業を開始した。残りも今3月と8月に稼働する。すべてが稼働すれば、生産能力が75%アップする。

受注急増で業績も好調。今2011年度は売上高が前期比62%増の243億円、営業利益が同145%増の22・8億円になる見込み。人手が足りないため、毎月平均して工場作業員10人、営業担当者5人を新たに雇い続けている。1992年の創業時には社員15人の町工場でしかなかったが、今や500人を抱える企業に成長した。

世界が注視する臨機応変の生産システム

東京・南千住。細い路地に沿って、古い民家や商店が立ち並ぶ下町。この一角に、同社は本社を構える。

3階建ての小さな社屋とは対照的に、業界での存在は大きい。太陽電池モジュール製造ラインの主要装置を手掛け、この市場で世界シェア57%を握る。展開する主な装置は四つ。太陽電池セルを保護シートや封止材で挟み密着させる「真空ラミネーター」、配線をはんだ付けする「セル自動配線装置」、セルの出力を検査する「セルテスター」、そしてパネルの出力を検査する「モジュールテスター」。特に、真空ラミネーターで70%超の高いシェアを持つ。

顧客数はおよそ150社。つまり、世界中のほぼすべての太陽電池メーカーと取引している。松山工場では連日、諸外国の国旗が掲げられる。海外からの顧客を迎え入れるためだ。進捗の確認や出荷前の立会検査などで、役員や技術者の来社が途絶えない。

エヌ・ピー・シーはなぜ、世界中から商談を求められるのか。その理由は、納入先に密着したニッチ戦略の徹底にある。

太陽電池市場が拡大する前の96年に、いち早く米国販社を設立した。次いで99年にはドイツにも進出。これらを橋頭堡に、太陽電池の最大消費国である欧米で、開発から設計、販売までの一貫サポート体制を構築した。これにより、顧客ニーズにきめ細かく応じることができる。

カスタマイズ能力が高いことも強みだ。多品種少量生産に適するとされるセル生産方式を採用し、シリコン素材の多結晶系や化合物を使用する薄膜系など、太陽電池の種類に応じて仕様変更することができる。

生産の仕組みも独特だ。一般的なセル生産方式は、固定された場所に必要数の部品を運び、そこで組み立てる。一方、エヌ・ピー・シーでは作業場が固定されていない。「架台」と呼ばれる金属基盤を空きスペースに臨機応変に動かし、その上でタブ供給部などの部品ユニットを2~3人の作業員が組み付けていく。納入先の工場に架台を設置して、作業に取り組むこともある。顧客のライン状況を見ながら柔軟に製造することが可能、というわけだ。

記事中の会社を詳しく見る

NPC (6255)

ページトップ