中東の政府系ファンドが某社から出資引き上げ?

兜町界隈で囁かれている噂や未確認情報、今回は5銘柄とはみ出し情報も掲載

2013年12月03日

発行株の20.76%を握る筆頭株主のアブダビ首長国政府系ファンド、インフィニティ・アライアンスが出資引き揚げや包括提携の解消を検討しているとの観測がしきりと流れる。背景にあるとされるのは、一向に冴えない同社の収益力だ。13年第2四半期累計(4~9月)営業利益は期初の340億円の見込みに対して156億円あまりにとどまった。今14年3月期通期見通しも従来の640億円から前期比約1%減の520億円へと下方修正を余儀なくされた。最終損益こそ3期ぶりに黒字化する見通しだが、期初計画(160億円)を下回る140億円にとどまるとみられ、復配に黄信号が灯っている状態だ。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

  • コラムを順に読む

ページトップ