JPNホールディングスは減益幅が拡大、サービサーの不振続く

第3コーナーを回っても進捗率はわずか19%

大西 富士男
2013年12月13日

クレディセゾン子会社でサービサーなどの事業を展開するJPNホールディングスの今2014年1月期の営業利益は前期比68%減の4000万円程度に落ちこみそうだ。会社計画を下回る不振が続いた今第3四半期(13年2月~10月期)決算の発表を受けて、東洋経済は会社計画の営業利益1億円(前期比19%減)から予想を下方修正する。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

ページトップ