東京ディズニー、1月以降も集客好調で利益上振れ必至

焦点は30周年イベント終了後の入園者数

鈴木 良英
2014年02月07日

開園30周年に沸く東京ディズニーリゾート。運営するオリエンタルランドが1月30日に発表した第3四半期(2013年4~12月期)決算は、本業の儲けを示す営業利益が1010億円と大台を突破した。同社は大雪など悪天候に伴う客数減を想定し、13年10月に発表した通期の営業利益見通し1066億円を据え置いたものの、1月以降も好調さは持続しているという。 ……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

オリランド (4661)

ページトップ