平和の今期はゴルフ場の軟調をルパン新機種で補い営業利益横ばい圏

四季報前号から下振れでも会社計画は上回る公算

堀越 憲二
2014年03月03日

パチンコ、パチスロ大手の平和の今2014年3月期は、第4四半期(14年1月~3月)に追い込みを図ることで、通期営業利益は前期比でぎりぎりの横ばい圏を確保しそうだ。今通期の営業利益見通し339億円(前期比1.6%減)と小幅減益を想定していた会社計画からはやや上回る見込みだが、同360億円(前期比4.6%増)を見込んでいた四季報新春号(昨年12月発売)の独自予想からは若干下振れとなりそうだ。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

平和 (6412)

ページトップ