バンダイナムコHD、アイカツ!で“鬼門”攻略

横断組織から生まれたヒット

風間 直樹

東京で今年2度目の大雪となった2月14日。運休や遅延が相次ぎ混雑するJR東京駅の一角に、少女たちの行列ができていた。

駅地下にこの日オープンしたのが、「アイカツ!オフィシャルショップ」だ。朝10時開店の1時間前には女子小学生と母親たち、およそ50人が列を成した。目当ては「アイカツ!」キャラクターのグッズ。「悪天候で電車も止まっているのにこんなに来てもらえるとは」。ショップを統括するナムコの内藤浩司キャラクターMDチームマネジャーは驚く。

アイカツ!は、バンダイナムコホールディングスの目下急成長中の新キャラクターだ。トップアイドルを目指し活動(アイカツ)する女子中学生たちの成長を描き、遊戯施設向けのデータカードやアニメ関連を柱に、アパレルや文具など500アイテムを展開。年末には映画の公開も予定している。

2013年度は国内玩具事業だけで120億円の売り上げを見込む。12年10月のテレビ東京系列でのアニメ放送開始からたった1年半で、「スーパー戦隊」や「プリキュア」といった同社の代表的なキャラクターと肩を並べるまでに至った(図)。成功の背景には、グループ一丸となった、キャラクターの「垂直立ち上げ」があった。

「全速力で走りながら、並走する仲間と素早いパス回しをする。ラグビーの試合のような日々が続いている」。生みの親の一人である、バンダイの原田真史・カード事業部デピュティゼネラルマネジャーは語る。アイカツ!は「機動戦士ガンダム」などと同様、バンダイナムコグループが育て上げた、自社オリジナルキャラクターだ。

アニメの人気が出たら慌ただしく商品化するのがこの業界の通例だ。対して、「今回は原作ありきではないので、助走期間も長い。だからグループを巻き込むことができた」(原田氏)。アニメ放映開始の月内にカードを、翌月には玩具や任天堂「ニンテンドー3DS」のゲームを発売し、さらにその翌月にはショップ1号店がオープンした。

記事中の会社を詳しく見る

バンナムH (7832)

ページトップ