応用地質は国内堅調、海外拡大で今期も営業増益、増配続く

中期計画「OYO Step14」の初年度で海洋事業にも注力

三上 直行
2014年03月12日

地質調査最大手の応用地質の今2014年12月期は、国内の調査・コンサルティングが堅調、海外の調査・コンサル、計測機器も拡大が見込まれ、会社想定の営業増益は達成可能と予想する。会社は前期比3円増の24円配を公表しており、連続増益・増配となる見通しだ。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

応用地質 (9755)

ページトップ