新規上場のホットマン、初値は871円で公開価格を67%上回る

事業に新鮮味なくても割安感から買い人気?

鈴木 良英
ホットマンがFC展開する「イエローハット」(写真は仙台バイパス店)

 3月20日に東証ジャスダックに上場したホットマンの初値は871円と、公開価格(520円)を上回った(初値騰落率は67.5%)。取引開始後、買い気配のまま値がつかず、11時13に初値がついた。市場関係者からは事業内容に新鮮味がないとの見方も出ていたが、割安感から買いが集まったもようだ。

 今週は18日の日立マクセル(6810)、19日のジャパンディスプレイ(6740)と東証1部への大型上場が続いた。ただ2社とも初値が公開価格を下回り、IPO銘柄人気のカゲりが懸念されていた。今回、ホットマンの初値が公開価格を上回ったことで、連敗記録は2で止まった。新規上場は来週も26日、28日にサイバーダインなど3社が控えている。

 ホットマンは宮城県など東北地区を中心に「イエローハット」や「TSUTAYA」などをFC展開している。1973年にミュージックテープの販売を目的に創業、75年にカー用品店として法人を設立。84年にローヤル(現イエローハット)とグループ店契約を締結、98年にはカルチュア・コンビニエンス・クラブと、99年はガリバーインターナショナルとFC契約。アップガレージ、ダイソー等とも契約し業容拡大中。イエローハットの持ち分会社でもある。

 今2014年3月期は柱のカー用品店でスタッドレスタイヤなどが堅調。だが、カーナビが低調で営業益は横ばい程度にとどまる見通し。調達資金は新規出店費用などに充当する予定。比較銘柄はカー用品店をFC運営するバッファロー(3352)アイエーグループ(7509)など。

[上場月日]3月20日[市場]JQS
[本社]〒982ー0034 仙台市太白区西多賀4ー4ー17
電話022ー243ー5091 http://www.yg-hotman.com/
[代表者]伊藤信幸(64歳)[従業員]1207名[設立]1975年
[業種]小売業(他消費財小売り)

(百万円) 売上高 営業益 経常益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
単11.3 19,226 428 405 -126 -26.8 3
単12.3 23,901 1,498 1,484 855 174.5 10
単13.3 22,931 1,021 1,050 576 111.2 10
単14.3予 22,400 1,030 1,030 550 78.5 10
単15.3予 23,000 1,100 1,150 630 90.0 10

記事中の会社を詳しく見る

ホットマン (3190)

ページトップ