きょうの動意株

東海理化は戻り高値、「レクサス」車種拡大を材料視

6995 東海理化 株価チャート
12/11
15:00
時点

2,287

前日比
+47(+2.10%)

年初来高値 2,453.0(17/01/05)
年初来安値 1,930.0(17/08/14)

 東海理化(6995)は約半年ぶりに1800円台を回復。10時すぎに1837円(66円高)まで上げて戻り高値に進んだ。トヨタ系の自動車部品大手で、トヨタ自動車が「レクサス」にスポーツ車などの車種を拡大すると伝えられたことが材料視されたようだ。

 値幅1000円程度は楽に動く軽快なイメージがあるうえ、このところは信用倍率1倍台と需給が引き締まり材料には敏感な状態。目先は1900円台まで速そうとの見方がある。四季報春号には「リコール費用消え営業益続伸」などとあり、時期的には決算期待相場に発展する可能性も意識されているようだ。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 10.26倍 PBR 1.04倍 予想配当利回り 2.80%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東海理化 (6995)

ページトップ