日本ラッドは大口受注が想定以下、四季報春号予想どおり営業益ゼロ圏に

会社が14年3月期見通しを下方修正

会社四季報編集部
2014年04月07日

業務用アプリケーションソフト開発を主力とし通信制御ソフトや多次元データベースソフトに強みを持つ、日本ラッドの前2014年3月期は大口顧客からの受注が想定を下回り、売上高、営業利益とも会社側の期初計画を下回りそうだ。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

日ラッド (4736)

ページトップ