きょうの動意株

コロプラ5日ぶり反発、黄金比率を意識し調整完了との見方も

3668 コロプラ 株価チャート
12/11
12:50
時点

1,192

前日比
+11(+0.93%)

年初来高値 1,426.0(17/08/25)
年初来安値 964.0(17/01/20)

 コロプラ(3668)は後場2114円(78円高)で始まり、前場に続いて5日ぶりの反発基調。手掛かり材料としては、自律反発しやすい地合いになってきたところへ、知育アプリ『ほしの島のにゃんこ』が海外で100万ダウンロードを突破したなど、7日付で3本のニュースリリースを発表したことなどが言われている。

 9月期決算で、直近1ー3月の第2四半期決算は4月30日に発表済み。株価はこの翌日から下値を模索する軟調な展開だが、長期的な値動きを見ると、2012年12月の新規上場後に4200円近く上げて2500円ほど下げた状態のため、下値メドや上値メドを知るのに用いられる黄金比(約0.62)の水準を意識する様子もある。第2四半期決算発表時に通期予想を据え置いたため失望売りを誘ったが、利益水準自体は純利益が前年同期比6倍となるなど好調。どこかの時点で見直されるといった期待は根強いようだ。
 

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 26.43倍 PBR 2.16倍 予想配当利回り 1.01%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

コロプラ (3668)

ページトップ