日経平均は続落、黒田発言で緩和期待が後退

終値は107円安の1万4298円

5月15日、東京株式市場で日経平均は続落。一時、前日比で200円を超える下げとなった。都内の株価ボードで4月撮影(2014年 ロイター/ Issei Kato)

[東京 15日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続落。一時、前日比で200円を超える下げとなった。米国株安の流れを引き継ぎ、朝方に売られた後は方向感に乏しい展開。午後に 行われた黒田東彦日銀総裁の講演内容を受けて、追加緩和期待がやや後退したとの見方もあった。

前日の米国株はダウ工業株30種<.DJI>など主要3指数がそろって下落したほか、ドル/円が101円 台後半と上値が重く、日本株を積極的に買う動きは乏しかった。市場では「米金利の低下に伴うドル安/円高への警戒感がくすぶり、強気になりづらい」(国内 証券)との声が出ている。日経平均は一時215円安から下げ渋ったものの、25日移動平均線(1万4316円70銭=15日)が上値のめどとして意識され た。

黒田総裁は午後、米コロンビア大のビジネススクールが都内で開催したイベントで講演し、異次元緩和が所期の効果を発揮 し、物価は2015年度にも目標の2%に達し、その後も日本経済の供給力を需要が上回ることで物価は強含んで推移するとの見通しを示した。強気な見方を踏 襲したことで「追加緩和に対する期待感がやや後退した」(いちよしアセットマネジメント執行役員運用部長の秋野充成氏)との見方があった。

一方、寄り前に発表された2014年1─3月期の実質国内総生産(GDP)は年率換算でプラス5.9%となり、ロイターがまとめた民間調査機関の事前予測を上回った。外為市場では瞬間的にやや円安に振れたが、その後すぐに元の水準に戻し、株式市場での反応は鈍かった。

個別銘柄では、ソニー<6758.T>が大幅安。同社は14日、2015年3月期の連結当期純損益(米国会計基準)が500億円の赤字になると発表。前年同期は1284億円の赤字で、2年連続の最終損失となることが市場で嫌気された。

半面、1株1875円で経営陣による公開買い付け(MBO)を発表したローランド<7944.T>や、自 社株買いを発表したローランドDG<6789.T>が大幅高。アルバック<6728.T>は14年6月期連結利益予想の上方修正 を手掛かりに続伸した。

東証1部騰落数は、値上がり585銘柄に対し、値下がりが1102銘柄、変わらずが119銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      14298.21 -107.55

寄り付き    14280.51

安値/高値   14190.27─14306.36

TOPIX<.TOPX>

終値       1178.29 -4.86

寄り付き     1173.19

安値/高値    1164.86─1178.55

東証出来高(万株) 204265

東証売買代金(億円) 18169.68

(杉山容俊)

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます

ページトップ