きょうの動意株

ボーナス商戦から一休が新高値、「使い道」1位は国内旅行で人気

 ボーナス商戦で一休(2450)が、47円高の1347円と買われ、去る、6月4日の1340円を抜いて年初来高値を更新している。

 アベノミクス効果で給与、賞与がアップした今年のボーナス商戦では、「国内旅行」が使い道トップと報道された。高級ホテル・旅館のネット予約を展開する同社に好環境として買いが集まった。PERは約30倍と指標面での割安感はないが、ボーナスシーズン人気として捉えれば昨年5月高値1880円に接近する場面はありそうだ。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ