新規上場したメドピアの初値は公開価格の2倍、終値も初値上回る

医師向けソーシャルサービス「MedPeer」運営のメドピアの初日は終始高水準

鈴木 良英
医師 6.6 万人以上が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer(メドピア)」

 6月27日に東証マザーズに上場したメドピアの初値は9250円となり、公開価格4000円を大幅に上回った。初値騰落率は131.3%だった。

 初値形成後は、8880円から1万円のレンジで推移。初日の終値は初値を上回る9400円と高水準で引けた。インターネット関連で人気が出やすい事業内容に加え、エムスリー(2413)ケアネット(2150)などの類似銘柄の株価が6月に入り上昇していることも買い材料になったようだ。

 メドピアは医師向けソーシャルサービス「MedPeer」を運営している。医師の疑問と回答を共有するサイトで、症例相談や薬剤評価、研修病院評価などのサイト内情報を、会員医師に無料で提供している。国内外の製薬会社に対するサイトの閲覧料や、サイト広告掲載枠の販売が主な収益源だ。サイト運営のほかに、医師求人情報サービスも展開する。

 設立は2004年。サイトへの会員誘導などで、13年に日経BP社と業務提携している。

 今14年9月期は会員医師の増加受け、製薬会社からの広告などの受注拡大、営業増益の見通し。公募増資による調達資金は、会員獲得やサイト活性化などへ向けた投資、人材採用・育成費用、オフィス移転費用などに充当する方針だ。

(百万円) 売上高 営業利益 経常益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
単本2013.09 574 89 88 113 77.5 0
単本2014.09予 900 220 200 120 72.2 0
単本2015.09予 1,100 270 270 160 96.3 0
単中2014.03 452 136 133 80 54.9 0
単中2015.03予 550 130 130 80 48.1 0

記事中の会社を詳しく見る

メドピア (6095)

ページトップ