きょうの動意株

ユーグレナ1300円割れ後に反発、有望性不変で好買い場との声

2931 ユーグレナ 株価チャート
12/12
15:00
時点

1,048

前日比
-13(-1.23%)

年初来高値 1,302.0(17/01/05)
年初来安値 1,044.0(17/12/12)

 ユーグレナ(2931)は前場に一時、1300円を割り込み23円安の1287円まで売られたが、後場寄り後は1318円と切り返している。6月23日の年初来高値1750円から500円近く下げたことに加え、25日移動平均線に接近したことで1300円割れには押し目買いの魅力が台頭しているようだ。

「同社株は燃料関連とバイオ関連、さらには“東京オリンピック関連”としての顔も併せ持っているユニークさがある。ロボット関連株にやや疲れもみられるので次のテーマ関連として注目される」(中堅証券)という。オリンピック関連とは、同社の手掛けるミドリムシでオリンピックまでにジェット機燃料としての実用化を目指しているということのよう。「大きく化ける可能性を秘めた銘柄だけに1300円前後は狙い目」(同)だとも。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 91.93倍 PBR 5.65倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ユーグレナ (2931)

ページトップ