きょうの動意株

三菱化工機が後場に急伸、水素ステーション建設が強材料

6331 三菱化工機 株価チャート
12/12
15:00
時点

2,329

前日比
+16(+0.69%)

年初来高値 2,790.0(17/09/14)
年初来安値 2,040.0(17/04/14)

 三菱化工機(6331)は、この日も商い活発で14時現在で東証1部出来高ランキング第2位となっている。株価は14時15分すぎに18円高の354円と買われ、年初来高値を更新した。前場はマイナス圏の310円台と軟調だったが、大きく下押さないと見るや、すかさず買われてきた印象だ。

 石油・化学装置などのエンジニア会社で水素製造装置に強みを持つ。燃料電池車の本格普及を前に、水素ステーション建設において同社存在感が増す方向にあり、特に三菱系ということもあって株価に対する期待は強い。前期まで3期連続当期赤字で、黒字転換する今期も1株利益は11.4円と低い。継続企業の前提に重要事象があるなど経営難が続いているが、将来性の大きい銘柄で07年7月の663円は期待できそうとも声も上がる。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 8.01倍 PBR 1.06倍 予想配当利回り 2.15%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

菱化工機 (6331)

ページトップ