きょうの動意株

富士通が堅調、「銭」刻みになり高速取引の先回り買い膨らむ

6702 富士通 株価チャート
12/11
14:49
時点

822.8

前日比
+5.5(+0.67%)

年初来高値 927.0(17/10/25)
年初来安値 630.0(17/02/13)

富士通(6702)が後場もしっかり。前場には前週末比13円高の795円まで上昇し、午後の取引でも同11.5円高の793.5円まで買われるなど堅調に推移している。22日から「銭刻み」の値動きが適用されたTOPIX(東証株価指数)100採用銘柄中80銘柄の一つで、富士通の場合には10銭刻み。高速売買を行う資金の流入を先取りする動きが強まっているようだ。

高速売買の中には、大口注文を一度に出すと値が飛ぶため、注文を細かくスライス(薄切り状態に)して連続発注する取引もあるもよう。観測筋によると、こうした注文を先回りするように買い、その上値をアルゴリズム売買が自動的に買うように仕向けるなど、アルゴが“カモられる”ケースがあるという。「こうした副作用は年金基金などが注目しやすい優良銘柄で発生しやすい」(市場関係者)との声も聞かれる。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 11.75倍 PBR 1.91倍 予想配当利回り 1.34%
市場 東証一部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

富士通 (6702)

ページトップ