夏季講習2日目!
知らないと損する"株の常識・非常識"15選

マーケット先読み編

夏休み投資知識レベルアップ講座の2日目。初日は投資スタイルと注文も出す際の常識五つをマスター。これを知っていればあの時……と思い当たるものばかり。

→1日目:投資スタイル・売買テクニック編

今日はマーケット全体の動向をチェックするための"常識・非常識"五つを、引き続き岩本さんが解説。

記事は『オール投資』の連載「株の常識 非常識」を再構成したものだが、現在でも十分使える内容ばかり。銘柄などは掲載時点の情報を元にしているので、現在と状況が異なる点は留意していだたきたい。

タイトルをクリックして、さあ2日目を始めよう!! 

1時間目主体別売買動向で先行きを読む
2時間目「NT倍率の縮小」が意味すること
3時間目新高値銘柄数は物色意欲のバロメーター
4時間目使い分けよう「天眼鏡」と「望遠鏡」
5時間目相場がダレると低位株が賑わう理由

講師=岩本秀雄(いわもと・ひでお)/ストックボイス副社長。日本証券新聞編集局長などを経て現職。30年間、激動の株式市場を見続けてきた。

ページトップ