きょうの動意株

NTT都市は出直り拡大、GDP鈍化で景気対策に思惑広がる

8933 NTT都市開発 株価チャート
12/11
15:00
時点

1,261

前日比
+6(+0.48%)

年初来高値 1,272.0(17/12/11)
年初来安値 927.0(17/04/06)

 NTT都市開発(8933)は9時30分にかけて4%高の1147円(47円高)まで買われ出直りを拡大。東証1部の値上がり率上位に顔を出している。一昨日発表の国内4~6月GDPの鈍化を受け、市場では日銀の金融緩和策や景気対策などに期待が出てきたとの指摘があり、財務省や総務省が国と地方自治体の公共施設を集約して空き地の再開発促進を目指すと週央に伝えられたことなどで期待が高まっているようだ。

 けさは大手不動産株だけでなく、首都圏マンションのタカラレーベン(8897)、戸建て住宅の飯田グループHD(3291)なども高い中で、NTT都市開発は大都市部の再開発に強いイメージがある。7月の高値1195円に迫るにつれて売り建て玉の買い戻しが活発化し、動意を強めるとの見方が出ている

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 23.70倍 PBR 1.95倍 予想配当利回り 1.43%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

NTT都市 (8933)

ページトップ