きょうの動意株

トヨタが朝高の後に軟化、内閣改造までは膠着か

7203 トヨタ自動車 株価チャート
12/12
15:00
時点

7,041

前日比
-6(-0.09%)

年初来高値 7,312.0(17/11/08)
年初来安値 5,670.0(17/04/14)

トヨタ自動車(7203)が続落。前週末比37円安の5954円まで売られている。朝方には同6円高の5997円まで値を上げたが、買いが続かない。「最近の上にも下にも行かない動きを象徴するような展開」(市場関係者)。

週足では26週移動平均線が下値支持として機能している感があるが、日足では25日線を4日に下回ってから抜けないまま、上値抵抗になっている。「相場全般を盛り上げるためにもトヨタ株に期待したいところだが、夏相場は無理だろう。9月の内閣改造で新鮮な経済政策が出て秋相場に期待できるようになるまでは引き続き6000円前後でのモミ合いだろう」(中堅証券)との解説が聞かれる。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 11.95倍 PBR 1.20倍 予想配当利回り 2.98%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

トヨタ (7203)

ページトップ