きょうの動意株

中外薬は売りが激増、親会社ロシュの追加取得観測消える

4519 中外製薬 株価チャート
10/20
15:00
時点

5,310

前日比
+30(+0.57%)

年初来高値 5,340.0(2017/10/20)
年初来安値 3,280.0(17/01/31)

 中外製薬(4519)は10時30分を回って売買代金で3位前後と活況だが、株価は一時10%安の3310円(350円安)まで下押す場面があった。8月中旬にスイスの国際的な製薬大手で同社の親会社であるロシュ・ホールディングが株式を買い増すとの報道で急騰したものの、週明けはこれを伝えたブルームバーグ通信などが取得見送り観測を伝え、はしごが外れた形になった。

 もっとも、一部市場筋の推測によると、今回の急騰を演じた買いの多くは信用売りの買い戻しだった可能性があるという。一般に急騰相場では、上値を買った投資家による売り圧迫が重荷になりがちだが、今回は、信用売りの買い戻しと従来から買っていた向きの売りが出会って売買が膨れたため、荷もたれ感は残らないのではとの見方がある。東証発表の信用残高などで売り建て玉が減少していれば、これが裏付けられることになる。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 47.92倍 PBR 4.49倍 予想配当利回り 1.09%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

中外薬 (4519)

ページトップ