きょうの動意株

科研製薬は高値更新、ガンコな「爪の水虫」新薬を材料視

4521 科研製薬 株価チャート
12/12
15:00
時点

5,820

前日比
+50(+0.87%)

年初来高値 6,970.0(17/05/10)
年初来安値 5,410.0(17/02/07)

 科研製薬(4521)は14時30分にかけて2680円(11円高)前後となり、小幅ながら2日続けて高値を更新している。2日付で日本初の外用爪白癬治療剤を発売したと発表し、「爪の水虫」はガンコでしぶといために期待が強まった。

 ROE(自己資本利益率)が2ケタで、年金基金などが運用のベンチマーク視するとされる株価指数「JPX日経400」採用銘柄。予想配当利回りは2%台、9月中間配当も実施しているため、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)などによる安定的な買い増しに期待がかかる。「意外に信用取引の需給が強く、弾みがつけば3000円にタッチする可能性もある」(市場関係者)という。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 14.76倍 PBR 2.32倍 予想配当利回り 2.58%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

科研薬 (4521)

ページトップ