きょうの動意株

DWセラピテ研は急反発、チャート崩れたが新薬での治療に期待

4576 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 株価チャート
12/11
15:00
時点

492

前日比
+6(+1.23%)

年初来高値 857.0(17/02/21)
年初来安値 403.0(17/01/18)

 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(DWセラピテ研、4576)は11時を回って13%高近い1770円(195円高)前後で推移し、7日ぶりに反発。出来高、売買代金ともJASDAQ銘柄の3位前後となった。

 緑内障治療薬を導出先の興和(非上場)が承認申請中で、これらの新薬に期待する動きが再燃したようだ。株価は8月19日に3550円まで上げたものの、信用取引規制が発動されたうえ、中期計画の数値目標を減額発表したため下落に転換。長期ジリ高基調の75日移動平均を今週初から割り込んできたため、チャート観測では崩れ足といえる。

 しかし、来期以降は新薬の業績寄与が見込めるため、この移動平均を回復するようならチャートも完治するとして注目する雰囲気がある。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR 4.47倍 予想配当利回り 0.00%
市場 JQグロース 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

DWセラ研 (4576)

ページトップ