日経平均大幅続伸、6年10カ月ぶりの高値

終値は253円高の1万6321円

9月19日、東京株式市場で日経平均は大幅続伸。6月2日撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 19日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅続伸。終値で昨年末高値(1万6320円22銭)を更新し、2007年11月以来、6年10カ月ぶりの高値で引けた。

前日の米国株高に加え、ドル/円[JPY=EBS]が6年ぶりの円安水準となる109円台に乗せ、主力輸出株が買われる展開となった。取引時間中に、スコットランド独立をめぐる住民投票で独立反対が優勢との開票結果が徐々に伝わったことも市場に安心感をもたらした。後場は短期筋の先物買いで上げ幅が300円に接近する場面もあったが、大引けにかけては利益確定売りでやや伸び悩んだ。東証1部の売買代金は2.7兆円と活況だった。

前日の米国株市場でダウ工業株30種とS&P総合500種が過去最高値を更新した流れを受け、東京市場でも日経平均は1月6日に付けた年初来高値1万6164円01銭を更新して寄り付いた。ドル/円が109円前半まで強含む動きに合わせ、日経平均は上げ幅を拡大。スコットランドにおける住民投票の一部開票状況が伝わり、独立反対優勢との見方が広がったことも市場心理を下支えした。

日経平均が節目を抜いたことでショートカバーが加速したほか、先物高に伴う裁定買いも指数の上昇に弾みをつけた。市場では「日経平均と為替との連動性が高まっており、買いの主体はヘッジファンドを中心とする投機筋と考えられる。現状、世界で景気モメンタムが強いのは米国ぐらいであり、流動性相場継続の期待を背景とする危うい株高ともいえる」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券シニア投資ストラテジストの折見世記氏)との声が出ていた。

個別銘柄では18日にパソコン事業での追加の構造改革を実施すると発表した東芝 <6502.T>が続伸。14年3─8月期の単独の営業利益が予想を上振れたようだと報じられたハイデイ日高<7611.T>も買われた。半面、京三製作所<6742.T>が続落。18日に発表した15年3月期業績予想の下方修正を嫌気した。

東証1部騰落数は、値上がり1328銘柄に対し、値下がりが383銘柄、変わらずが119銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      16321.17 +253.60

寄り付き    16177.94

安値/高値   16170.86─16364.08

TOPIX<.TOPX>

終値       1331.91 +14.00

寄り付き     1324.34

安値/高値    1322.42─1335.89

東証出来高(万株) 258075

東証売買代金(億円) 27497.2

(河口浩一)

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます

ページトップ