きょうの動意株

東大発の創薬ベンチャー、リボミックの初値は20%安

4591 リボミック 株価チャート
12/12
09:51
時点

569

前日比
-1(-0.18%)

年初来高値 838.0(17/03/22)
年初来安値 526.0(17/10/23)

 本日東証マザーズに新規上場したリボミック(4591)は9時31分に公開価格2300円を20%下回る1830円で売買が成立し、初値を形成。その後は1900円台に強含んで底堅いスタートとなっている。公募株式数が120万株とやや多く、売り出し株数は96.4万株(ほかにオーバーアロットメントによる売り出しを最大32.46万株用意)。

 東京大学の医科学研究所の教授だった中村義一社長が創業した東大発の創薬ベンチャーで、RNA(リボ核酸)を活用して難病治療薬を開発する。1位株主は大塚ホールディングス(4578)の大塚製薬で31%近くを保有する。2015年3月期の業績(単体)は黒字化を予想。大手製薬会社との協業により、売上高に相当する事業収益が前期比3.4倍の5.08億円に、営業利益は前期の4億円強の赤字から0.32億円の黒字に、純利益も前期の2億円強の赤字から0.45億円の黒字になる見通しだ。1株利益は4.01円。創薬ベンチャーには赤字企業が少なくない中で、業績の見える銘柄として注目する様子がある。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR 3.10倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

リボミック (4591)

ページトップ