きょうの動意株

ネットワークバリュがストップ高、全体相場下落する中、堂々と仕手化?

 ネットワークバリューコンポネンツ(3394)は10時を回ってストップ高の5220円(700円高)となり、2営業日ぶりに高値を更新した。この時間帯、東証マザーズ189銘柄のうち170銘柄が安い中で強さが目立つ。ネットワーク関連機器やソフトの販売に加え、設置や遠隔監視など運用・保守も手掛ける。業績は前期の最終赤字から今期は黒字化する見込みで、やや上振れ基調で推移しているもよう。

 株価は8月下旬からセキュリティシステム新製品や特別利益の計上、テレビ会議クラウドサービスなどを発表するたびに材料視されて上値を追っている。一説では、複数の資金集団が相乗りして値幅狙いの相場を形成しているとの見方があり、いわゆる仕手化している様子だ。東証は9日売買分から日々公表銘柄に指定したが、本日のように全体相場が急落する中では、真っ暗な株式市場の中で貴重な灯火(ともしび)になるため堂々と暴れられるといった見方もある。当面の上値メドは、一説によれば相場がスタートした水準の6倍の9000円どころとの見方もある。

 

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ