話題のスポーツジム「ライザップ」、CM効果は株価にも

新規入会者数はオンエア前の1.5倍に拡大

佐々木 真奈美

 暑さも収まり、すっかり秋めいてきましたね。秋といえば“スポーツの秋”(お決まりの文言ですが……)。TBSニュースバードでは先日、体育の日に合わせてこんなデータを取り上げました。

佐々木真奈美(ささき・まなみ)●北海道札幌市出身。山形テレビアナウンサーを経てTBSニュースバードキャスター。山形時代には記者も兼務し、“夜討ち朝駆け”もしていた。本人曰く「職業はアナウンサー、趣味もアナウンサー」。他局のアナウンサー事情にも詳しく、“マニア”を自負する。特技は中国語。(撮影:梅谷秀司)

 「JNNデータバンクが今年8月、首都圏で実施した調査によると、『スポーツジムに通う』など健康管理や体力維持のための取り組みを行っている人の割合は64%で、このうち1カ月に1万円以上健康のため投資している人は、45%がスポーツジムに通っている」というものです。このニュースをお伝えしたとき、「確かに!」と思う光景がいくつか浮かびました。

 午後8時ごろ、自宅の駅近くにあるスポーツジムでは、仕事帰りとみられるビジネスマンが窓際にびっしりと並べられたランニングマシーンで走り込んでいます。街を歩くと、「今流行の◯◯トレーニング!」「音楽に合わせて楽しくやせる♪」などの看板が頻繁に目につくようになった気がします。

 さまざまなうたい文句を掲げたスポーツジムが日々登場していて、それぞれが特色を生かし顧客獲得にしのぎを削っているような印象です。そんな中で今、ノリに乗っているスポーツジムがあるのをご存知でしょうか。ネット上で、「これCGじゃないの?」「2カ月でこんなに変わる?」と、大きな話題を呼んだCMでおなじみのパーソナルトレーニングジム「ライザップ(RIZAP)」です。

 グループ会社経由で同ジムを運営しているのが札幌証券取引所の新興株市場アンビシャスに上場している健康コーポレーション (2928)。同社の株価は今年に入り、400円台でモミ合っていましたが、5月下旬から急騰し、9月には1947円まで買い進まれました。株価上昇に伴い、出来高も膨らんでいます。

 同社では「さまざまな媒体に掲載されたことによる知名度向上、業績上振れ期待の高まり、株主優待制度の拡充などが値上がりの要因だろう」とコメントしています。CMを集中的に放送した6月以降、新規入会者数は放送前の約1.5倍に増加したそうです。

 当コラムの執筆にあたり、東京のライザップ新宿三丁目店へ足を運んで特別にトレーニングを受けてきました!1対1のトレーニングでは、日頃の運動不足がたたってヒィーヒィーと弱音を吐いてばかり。ただ、トレーナーから微妙なフォームの修正など細かいアドバイスが受けられるため、体力に自信のない人でもトレーナーと二人三脚でシェイプアップへ向けて努力のできる環境が整っていると感じました。

 コラムでも投資家の方々、一人ひとりと二人三脚をしているような気持ちでお役に立てる情報をお届けできたらと思っています。今後ともなにとぞよろしくお願い致します!

(毎週金曜日に掲載)

記事中の会社を詳しく見る

RIZAP (2928)

ページトップ