きょうの動意株

コカ・コーラEJ急落、進捗率の悪さと25日移動平均線割れで処分売り

 コカ・コーライーストジャパン(2580)は、99円(4.8%)安の1931円と2000円を割り込み、東証1部下落率の上位に顔を出している。今12月期の第3四半期(1~9月)の営業利益が前年同期比29.0%の大幅な減益で、通期予想に対する進捗率が目安となる75%を下回り62.9%にとどまっていることが処分売りにつながっているようだ。夏場の天候不順が大きく影響したようだ。

 現時点での予想一株利益は26.4円、配当は年32円の見通し。配当利回りは約1.7%とまずまずだが、PERは73.1倍と非常に高い。11月4日以来の25日線割れとなっている。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ