きょうの動意株

情報技術開発がストップ高、決算説明会のプレゼン内容を好感

 情報技術開発(9638)が後場に入って一段高。前週末比300円高の1380円と制限値幅上限のストップ高水準まで値を上げ、9月につけた年初来高値を更新している。2006年以来の水準。20日に2014年4~9月決算の説明会を開催、「これが週明けも買い注文の増加につながった」との声が市場関係者から聞かれる。

 「モバイル端末を活用して小売り業と消費者をデジタル広告でつなぐ新ソリューションなど面白そうな内容だった」(市場関係者)という。前週末から上昇ピッチにはずみがついているが、「PERは20倍前後で、業績好調のIT関連株とあることを考えれば割安」(同)。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ