きょうの動意株

大成建が高値、自民勝利受けて「内需株の本命」との見方が台頭

1801 大成建設 株価チャート
12/12
15:00
時点

6,120

前日比
+70(+1.16%)

年初来高値 6,620.0(17/11/07)
年初来安値 3,890.0(17/02/27)

 大成建設(1801)は続伸。前週末比17円高の663円まで買われ、年初来高値を更新している。「安倍政権の勝利で今後、内需中心に国土強靭化、地方創生などに本腰を入れて取り組むことが期待される。内需の本命は建設株だが、建設株の中で証券コードが01番の同社株がご祝儀の意味合いも含めて買われたのではないか」(国内中堅証券)。

 1873年に大倉喜八郎が政府の命を受けて建設工事を請け負ったことに始まる歴史を持つだけに、「官公庁に強い」(市場関係者)との印象があるという。「チャート面では1996円高値の821円が上値のフシになりそう」(同)。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 13.47倍 PBR 2.46倍 予想配当利回り 1.63%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

大成建 (1801)

ページトップ