きょうの動意株

上場2日目の今村証券24%高と急伸、初日の売りで身軽に

7175 今村証券 株価チャート
12/11
11:10
時点

1,536

前日比
+42(+2.81%)

年初来高値 1,682.0(17/11/13)
年初来安値 950.0(17/04/17)

 上場2日目の今村証券(7175)は10時40分にかけて24%高の2045円(395円高)と急伸。売買代金でジャスダック市場のベスト10に入り活況となっている。金沢に本社を置き、北陸地域を中心に9店舗を展開する。日経平均が一時400円高となるなど株式市場が活気を取り戻したことに加え、来年3月開業の北陸新幹線や地方創生に関する政府の予算措置を材料視する動きがあるという。

 PERは10倍台前半で、水戸証券(8622)の約13倍、東洋証券(8614)の15倍前後とほぼ同水準。初日は日経平均の大幅続落を受けて高値1896円から終値1640円と急速にしぼんでしまったが、「これによって売りたい人は売ってしまい、結果的に身軽になった」(市場関係者)との見方が出ている。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 8.69倍 PBR 0.54倍 予想配当利回り 0.81%
市場 JQスタンダード 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

この記事を読んだ人へのイチ押し記事

記事中の会社を詳しく見る

今村証券 (7175)

ページトップ