米新規失業保険申請件数は29.8万件、5週ぶり増加

事前予想を上回る

ロイター
12月31日、27日終了週の新規失業保険申請件数は前週比1万7000件増の29万8000件と、5週間ぶりに増加した。写真は2013年4月、デンバーで開催された雇用フェア(2014年 ロイター/Rick Wilking)

[ワシントン 31日 ロイター] - 米労働省は31日、新規失業保険週間申請件数を発表した。

*27日終了週の新規失業保険申請件数は、前週比1万7000件増の29万8000件。5週間ぶりに増加し、予想の29万件を上回る。

*ただ、クリスマス前後は申請件数は通常より大きく変動するする傾向があり、4週間移動平均は29万0750件と、増加は250件にとどまる。

*4週間移動平均は16週連続で30万件を下回る。

*20日終了週の受給総数は前週比5万3000件減の235万3000件。

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます

ページトップ