きょうの動意株

ソフトバンク3日続伸から反落、全体相場が大幅安で手控え感

9984 ソフトバンクグループ 株価チャート
12/11
15:00
時点

9,483

前日比
+78(+0.83%)

年初来高値 10,550.0(17/10/30)
年初来安値 7,494.0(17/04/17)

 ソフトバンク(9984)は10時30分にかけて170円安の7034円前後となり、前週末までの3日続伸から反落模様。特段の売り材料は聞かれず、日経平均との相関度が大きいためNYダウの続落、円の反発、日経平均の350円安が漠然と手控え感を助長したとの見方が出ている。昨年の株価は7000円前後を下値にほとんど横ばいモミ合いを続け、直近はこの下限水準で推移している。

 テクニカル的には、このモミ合いを割り込むと下値模索に移行するとされる。しかし、モミ合いが堅固な場合は値動きの往復特性を利用して下値圏で買い、上値圏で売ると手堅い投資になるとの見方がある。投資単位100株なので、70万円で買って80万円で売るとイメージすれば悪くないとの見方がある。こうした意味では、本日の日経平均の下落は天与の好機になるが、全体相場が大幅安の中で打って出るには勇気がいるようだ。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 19.91倍 PBR 2.88倍 予想配当利回り 0.46%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ソフトBG (9984)

ページトップ