会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

ユーロ圏の消費者物価がマイナスに転落の意味

物価上昇率は「経済の体温計」

岡田 晃
(写真:Imasia)

 EU(欧州連合)統計局が7日に発表した2014年12月のユーロ圏消費者物価指数(速報値)は前年同月比0.2%の下落となり、波紋が広がりました。マイナスとなったのは2009年10月以来5年2カ月ぶりです。当時はリーマンショック後の景気最悪期だったので、物価面からは、その頃に近い経済状態にまで落ち込んだともいえます。

 前月(14年11月)の同0.3%上昇から一気に0.5ポイント落ち込んだのも驚きでした。先進国の消費者物価が1カ月でこれほど大幅に低下することはそうあることではなく、欧州景気の低迷を浮き彫りにしました。

 ユーロ圏の消費者物価は09年に一時、マイナスに落ち込んだ後、11~12年ごろには3%のプラスまで回復しましたが、その後は再び、伸びが急速に鈍化しました。13年2月には2%割れ、同年10月に1%割れとなり、14年もさらに低下が続いていました。

 そして今回、ついにマイナスへ転落したわけです。このままでは物価下落が長期化するおそれがあります。ユーロ圏はまさにデフレの瀬戸際に立っているのです。

東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ