「地方創生」で鉄道関連・観光関連銘柄に着目

スケジュール=1/26の週の話題

「道路整備こそ地方創生」と公言する元有力政治家がいた。リニアや整備新幹線の話題にかき消されるが、道路関連事業は先行き悪くない。さらに有望なのはインフラ整備の恩恵を浴する交通や宿泊業界だ。アクティブシニア層や訪日外国人の増加で、観光事業が拡大期に入った。ディフェンシブ投資、長期投資に向くと関連銘柄が人気化した。

昨年11月は、鉄道各社の株価が相次ぎ高値をつけた。その後もプリンスホテルを有する西武HDは、地の利がある軽井沢町が来年の主要国首脳会議(G8サミット)開催地の有力候補と目されて上昇が続いた。同じく観光事業に強い東武鉄道、小田急電鉄、東京急行電鉄、近畿日本鉄道、南海電気鉄道が、追従して高値更新に向かうか、注目だ。

(=「株式ウイークリー」編集長)
スケジュール
1月25日(日) ギリシャ総選挙
1月26日(月) 12月貿易収支
ドイツ1月Ifo景況感指数
米国決算:シーゲイトテクノロジー、TI、マイクロソフト
1月27日(火) 米国11月S&P/ケース・シラー住宅価格指数
米国連邦公開市場委員会(FOMC)28日まで開催
米国12月耐久財受注
米国12月新築住宅販売件数
米国1月消費者信頼感指数
米国決算:ユナイテッド・テクノロジーズ、P&G、コーニング、ファイザー、キャタピラー、アップル、ヤフーインク、AT&T、3M、ニューコア
1月28日(水) 米国決算:ボーイング、クアルコム、フェイスブック
1月29日(木) 12月商業販売統計
米国12月中古住宅販売仮契約
米国決算:フォード、ダウ・ケミカル、ビザ
ブラジル12月失業率
1月30日(金) 12月失業率・有効求人倍率
12月家計調査・消費者物価指数
12月鉱工業生産
米国10~12月期GDP速報値
米国決算:シェブロン、マスターカード

(注)予定は予告なく変更されることがあります。
(出所)大和証券、みずほ証券などのマーケット情報

料金:月額1万円から
 ■株式ウイークリー■

- ≫≫≫【業績・テーマ性で厳選した6銘柄で上昇狙う】 

毎週土曜日に速達でお届け!ネット(PDF版)なら前日金曜に配信!! 全体相場の旬の人気株を毎週スクリーニングし、チャートや需給の分析でタイミングよく推奨! 6銘柄以外にもベテランの外部執筆陣らが潤沢に個別株を道先案内する固定欄も充実。小誌のこんな銘柄が日本特殊陶業(2014年10月20日号で注目)は7週間で40%上昇セントラル硝子(2014年11月3日号で注目)は5週間で23%上昇図研(1月1日号で注目)は1週間で12%上昇


■見本誌はこちら

※「株式ウイークリー」は、現時点および将来において高い株価パフォーマンスを約束するものではありません。また、株式投資の際には株価の変動により損失が生じる場合があります。投資判断の最終決定は、ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

ページトップ