きょうの動意株

ネットバリュコンポがストップ高、日英サイバー協力など好感

 ネットワークバリューコンポネンツ(3394)が急騰。後場に入っても前日比700円高の3950円と制限値幅上限のストップ高まで買われている。日英両国が防衛装備やサイバー攻撃対策で協力する、と伝えられたことが材料視されているとみられる。同社は米国製のマルウェア(有害な作動を行う意図のある悪意のあるソフトウェア)対策システムなどを手掛けており、「昨年11月にサイバーセキュリティ基本法が成立したときに急伸した経緯があるため、当時のシナリオ再現を期待した投資家の買い物が集中した面もありそう」(市場関係者)。

 前2014年12月期決算は営業減益の見込みだが、「四季報オンライン」によれば、今15年12月期は増益見通し。「決算発表を機に出直り相場が本格化するのではないか」(同)との見方もある。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ