きょうの動意株

東京海上HDが後場一段高、長期債利回り上昇などをハヤす

8766 東京海上ホールディングス 株価チャート
12/12
15:00
時点

5,131

前日比
+53(+1.04%)

年初来高値 5,188.0(17/03/15)
年初来安値 4,192.0(17/09/08)

 東京海上ホールディングス(8766)が後場に入って一段高。前日比201.0円高の4008.5円まで買われている。出来高もすでに前日の水準を上回るなど活況だ。生損保の資金運用の主対象である長期国債の利回りがこの一両日で上昇したことなどを材料視されているとみられる。11月下旬から3月下旬までの予定で実施している自己株買いが最初の1カ月で買い付け上限株数の3割を超えたことに注目する投資家もいるようだ。

 ただ、長期国債の利回りをめぐっては、日銀の買い取りによって極限レベルまで低下しているため、多少上昇しても「資金運用の対象としてはチキンレース」(市場関係者)と警戒する声も聞かれる。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 16.69倍 PBR 1.09倍 予想配当利回り 3.12%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東京海上H (8766)

ページトップ