きょうの動意株

AGS連日急伸、ウェブサイト改ざん対策を材料に決算発表も期待

3648 AGS 株価チャート
12/13
11:26
時点

891

前日比
0(0.00%)

年初来高値 1,080.0(17/10/24)
年初来安値 657.0(17/01/04)

 データセンター運用、ソフト開発などを手掛けるAGS(3648)は、前場251円高の1350円まで上げる場面があり、昨日のストップ高に続いて大幅続伸となった。26日付でウェブサイトの改ざん攻撃を瞬時に検知・修復する改ざん検知・復旧ソリューション「ウェブアルゴス」を発表。関連報道が昨日、日刊工業新聞に載ったことなどを材料に人気化した。2011年3月に上場し、14年5月以来の上場来高値更新。第3四半期の決算発表は1月30日の予定で、この急伸を機に業績が回復基調であることなどを再確認して注目し直す向きもあるようだ。PERは20倍台後半のため類似銘柄の中で割高感は強くないといえる。

 今朝は、日本経済新聞で米アドビシステムズの動画再生ソフト「フラッシュプレイヤー」のセキュリティー上の欠陥(脆弱性)に関する報道があり、今後、ウイルス感染やパソコンの乗っ取りなどが問題になると同社株が注目されると期待する様子もある。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 26.52倍 PBR 1.45倍 予想配当利回り 1.23%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

AGS (3648)

ページトップ