きょうの動意株

イハラケミカル高値更新、特別利益を好感、踏み上げの思惑も

 イハラケミカル工業(4989)は11時にかけて107円高の1380円まで上げ、昨年12月中旬以来、1カ月半ぶりに高値を更新した。今月2日の大引け後に特別利益の計上に合わせて今10月期の純利益を上方修正したが、翌3日は全体相場が下げたため伸びきれなかった。本日は日経平均の大幅反発もあり、昨日の鬱憤を晴らしている形。

 母体のクミアイ化学工業向けに除草剤や殺菌剤などの農薬原体を供給するメーカーで、特別利益は開発初期段階にある畑作用除草剤の知的財産権を米国化学メーカーに譲渡したのに伴うもの。株価は3カ月近く1300円どころでの高値モミ合いが続いており、これを本格的に抜け出すようなら、信用売りの買い戻しが増加して株高支援要因になる可能性がある。「信用倍率が0.2倍と信用売り残が大幅に買い残を上回るため、買い戻しの潜在的な埋蔵量は膨大」(市場関係者)と強気の声も聞こえる。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ