きょうの動意株

ヤマダ電機が高値更新、街角景気や四半期発表後の需給に期待

9831 ヤマダ電機 株価チャート
12/12
15:00
時点

644

前日比
+9(+1.42%)

年初来高値 649.0(17/01/05)
年初来安値 543.0(17/04/04)

 ヤマダ電機(9831)は後場寄り後も約2週間ぶりに昨年来の高値を更新したまま32円高の475円前後で推移し、出来高も東証1部の上位に顔を出して活況となっている。内閣府が9日発表した街角景気調査「景気ウオッチャー調査」(1月分)が2カ月続けて上昇し、消費回復が強まることに期待する様子がある。また、東証が地方企業の上場を増やす目的で活動を積極化すると伝えられ、地方企業の先輩株として株価上昇を率先する役割が強まるといった期待を抱く様子がある。

 第3四半期決算は2月5日に発表し、翌6日は軟調反落。しかしその翌売買日は反発したため、「売りたい人は売ってしまい、値動きが軽くなった可能性がある」(市場関係者)。信用売り残と買い残が拮抗し、値動きが大きくなりやすいとの見方もある。1月下旬の2割近く上げた相場に続く二段上げの様相となり、やはり2割近く上げるとの期待もある。この場合、530円どころが展望できることになる。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 13.67倍 PBR 0.92倍 予想配当利回り 2.80%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ヤマダ電 (9831)

ページトップ