きょうの動意株

ボルテージ急伸、反騰相場でのカベ気にする様子だが材料に好反応

3639 ボルテージ 株価チャート
12/11
時点

1,086

前日比
---(---%)

年初来高値 1,780.0(17/07/04)
年初来安値 953.0(17/02/09)

 ボルテージ(3639)は後場寄り後に177円高の1309円をつけ、1月9日以来の1300円台回復となった。9日付で恋愛ドラマアプリの英語版を順次配信と発表したことが期待を強めたようで、値上がり率は14%高で一時東証1部の3位となり、出来高も激増となった。

 ただ、1月下旬に発表した第2四半期決算が前年同期比で赤字だったためか、急伸後は一進一退。昨年8月から調整基調が続いており、日柄では調整が進んだとされる。一方、調整の途中、1300円前後で3カ月近くモミ合ったことがあり、テクニカル的にはこうしてモミ合った水準が反騰相場ではカベになるとの見方がある。この意味では目先的に戻り売りをこなす必要がありそうだが、ゲーム関連株の場合、会社発表の材料が相次いで連日高となった銘柄が少なくないため、同社にも期待する様子がある。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 29.67倍 PBR 1.48倍 予想配当利回り 0.92%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※12/11 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ボルテージ (3639)

ページトップ