きょうの動意株

東洋エンジニア唯一の新安値、海外プロジェクト不振で赤字転落

6330 東洋エンジニアリング 株価チャート
12/12
15:00
時点

1,266

前日比
+19(+1.52%)

年初来高値 1,580.0(17/01/04)
年初来安値 1,235.0(17/12/08)

 東洋エンジニアリング(6330)は5円安の360円と、前場が終わった段階で東証1部で唯一の昨年来安値銘柄となっている。10日の第3四半期決算発表と合わせて、2015年3月期通期の営業利益予想を従来の20億円の黒字から70億円の赤字に下方修正し、嫌気されている。

 インドネシア向け化学肥料プロジェクトで試運転時に機器不具合が発生したことや、2件の米国向け石油化学製品製造設備プロジェクトでも配管施工不良で手直しが発生し、コスト増要因となった。また、エジプト向けポリエチレン製造設備、ブラジル製油所関連、ナイジェリア向け化学肥料製造プロジェクトなどの工期遅延も響いているという。ただ、純益は収支トントンを見込み、配当については公約どおり3円増配の年8円とする。株価水準としては12年12月の338円以来の安値圏ある。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 24.39倍 PBR 0.95倍 予想配当利回り 1.18%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東洋エンジ (6330)

ページトップ