きょうの動意株

みずほFG8日連続上値追い、配当利回りとの比較で預金からシフト

8411 みずほフィナンシャルグループ 株価チャート
12/12
15:00
時点

206.2

前日比
+2.9(+1.43%)

年初来高値 217.3(17/01/27)
年初来安値 185.4(17/09/08)

 みずほフィナンシャルグループ(8411)は前場に3.0円高の220.0円まで買われ、日々の上値を8日連続で更新している。220円台回復はほぼ1年ぶり。出来高は全上場銘柄のトップと賑わっている。長期金利が1月下旬を底に上昇傾向にあることから与貸利ザヤが好転し、日経平均の約15年ぶり高値で保有株の含み益も回復しているとみられることから、海外勢を含めた機関投資家の資金が向かっているようだ。

 3月期末配当を3.5円と仮定した場合の配当利回りは1.5%程度で、単純比較では定期預金の7~8倍となるため、権利が確保する3月下旬に向けて預金を一時解約し銀行株へ乗り換える動きもある。三井住友フィナンシャルグループ(8316)も日々の上値を8日連続で更新するなど銀行株は軒並み高い。証券マンの中には「預金を置いていた銀行の株を買うのなら義理は立つでしょう」と内々に勧める動きもあるという。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 9.50倍 PBR 0.61倍 予想配当利回り 3.64%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

みずほFG (8411)

ページトップ