リズム時計工業は増税反動減きつく、円安による仕入れコスト増もあり増益幅縮小

山内 哲夫
2015年02月26日

シチズン系時計メーカーのリズム時計工業の今2015年3月期は、電子事業が回復し、海外ユニット組み立て事業で固定費削減効果もあり増益となるものの、主力の時計事業が消費増税後の反動減が残り、足元の円安による仕入れコスト増も重く計画した増益幅には届かない見通しだ。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

リズム時 (7769)

ページトップ