大型株持っててよかった!中小型株だけならイライラだったかも

日経平均は想定超の上昇で…

横山 利香
日経平均は約15年ぶりの高値水準まで上昇(撮影:大塚一仁)

 日経平均株価は引き続き強い展開が続いています。23日には一時、1万8500円台まで上昇した後もさらに値上がりが続き、2000年以来約15年ぶりの高値水準を維持しています。

 いつもは中小型株を中心に取引することが多いのですが、決算期前ということもあって指数が上昇した場合に大型株が動く展開もありうるかもしれないと考え、三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)アドバンテスト (6857)などの大型株を保有していました。よかったと思います。中小型株の取引に終始していたら、指数が上昇する展開にイライラしていたことでしょう。

 一方、中小型株では、前回ご紹介したJVCケンウッド(6632)がその後も上昇トレンド継続中です。値下がりする日も挟みながら、23日には406円まで上昇、高値更新が続いています。

記事中の会社を詳しく見る

JVCKW (6632)

ページトップ