きょうの動意株

Dガレージが後場一段高、インバウンド関連として物色の矛先

4819 デジタルガレージ 株価チャート
12/12
15:00
時点

3,145

前日比
+45(+1.45%)

年初来高値 3,220.0(17/12/12)
年初来安値 1,867.0(17/02/10)

 デジタルガレージ(4819)が後場に入って一段高。前日比64円高の1985円まで値を上げている。26日に同社がプロモーション支援を行う訪日外国人向けWiーFi接続アプリ「TRAVEL JAPAN WiーFi」のダウンロード数が約1カ月で30万を突破したことなどを発表。これをきっかけに、インバウンド関連銘柄物色の矛先が向けられているとみられる。1月には今2015年6月期最終利益予想を全体に増額したのも買い材料として蒸し返されている。

 19日には講談社との資本提携を公表。27日には講談社や三省堂など、国内の書店や出版社100社超が電子書籍の共同販売に乗り出すと伝えられたことで、連想人気も膨らんでいるとみられる。価格帯別の出来高を見ると2500円どころまで売買が比較的少ないため、「昨年12月につけた上値2018円を抜けば真空地帯の中、値を飛ばす展開も期待できそう」(市場関係者)。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 27.04倍 PBR 4.41倍 予想配当利回り 0.76%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

Dガレージ (4819)

ページトップ