きょうの動意株

東京建物が反発、出遅れ感と東京駅高層ビル報道に期待

8804 東京建物 株価チャート
12/11
11:09
時点

1,586

前日比
+30(+1.93%)

年初来高値 1,653.0(17/02/22)
年初来安値 1,305.0(17/09/08)

 東京建物(8804)は朝寄り後に13円高の882円をつけ、東京建物不動産販売(3225)の同11円高は539円とともに強い始まりとなった。三井不動産(8801)と東京建物が東京駅の八重洲口に地上約50階の超高層ビルを2棟建てると今朝の日本経済新聞で伝えられ、日経平均やTOPIXが軟調に始まった中で期待が出ている。大手不動産株はまだ昨年来の高値を抜いてない銘柄が多く、日経平均が約15年ぶりの高値水準に達し、TOPIXも約8年ぶりの高値圏に達してきた中では、出遅れ感が強いとの見方が少なくない。 「好材料に反応しやすい状態」(市場関係者)だとして物色の手を向ける様子がある。

 もっとも、今のところは業界全体を押し上げるような大きな材料が見当たらない印象があり、個々の銘柄に材料が出て個別に水準訂正するのを待つ状態のようだ。三井不動産は軟調で、その分、東京建物に資金が集まる期待はあるようだ。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 15.64倍 PBR 1.08倍 予想配当利回り 1.77%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東建物 (8804)

ページトップ