きょうの動意株

旭化成が高値更新、住宅事業の受注動向に期待強まる

3407 旭化成 株価チャート
12/11
11:20
時点

1,414.5

前日比
-19.5(-1.36%)

年初来高値 1,533.0(17/11/09)
年初来安値 1,001.0(17/01/18)

 旭化成(3407)は後場一段強含み、27.0円高の1248.5円まで上げて2月下旬以来の高値を更新した。最高益更新基調の銘柄でPERは16倍前後のため買い安心感があるうえ、来週早々にも公表される旭ホームズの月次受注速報(毎月8日ごろ)に期待が強まっているようだ。

 先月発表された1月分は前年同月比25%増加し、昨年10月にプラス転換して以来4カ月連続で2ケタの伸びを示している。2月は市中金利の下げ止まりから、住宅ローン金利の反転上昇を意識して住宅購入が増加するとの期待があるようだ。リチウムイオン電池素材の米社買収やグループ企業の組織再編など、攻守両面での積極姿勢も好感されている。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 14.17倍 PBR 1.72倍 予想配当利回り 1.98%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

旭化成 (3407)

ページトップ